月別アーカイブ: 2015年9月

新車値引きは今後どうなるんだ?

新車の購入を考える時、必ず値引き交渉と言う物が付いて回ってきます。これは代々続く風習みたいになっていますね。

今は新車販売が低迷中の低迷。これは増税の影響が一番大きいようです。そこでまず、ダイハツ社のニュースを見つけましたのでご紹介してみたいと思います。


[東京 9日 ロイター] – ダイハツ工業<7262.T>の三井正則社長は9日、都内で開いた新型軽自動車「キャスト」の発表会で、軽自動車販売に対する増税の影響は想定より大きいものの、新車の投入により暦年、年度ともに年間の「販売目標を達成したい」と述べた。

同社の軽自動車の4―8月累計の販売実績は前年同期比約15%減だった。2016年3月期(15年4月―16年3月)は前期比8%減の63万台を計画している。

ダイハツは多様な顧客ニーズに応えるため、キャストで3つのモデルを展開。同日にはスポーツ用多目的車(SUV)の「アクティバ」と内外装で都会的なデザインや質感を演出した「スタイル」を発売、10月末には走行性能を重視した「スポーツ」を投入する。

8月20日から開始している事前受注について、同社は具体的な数字を明らかにしていないが好調に入っているといい、3モデル合計での販売は初年度は月7000台、平均で月5000台を計画する。

月5000台のモデル別内訳は、アクティバが2500台、スタイルが2000台、スポーツが500台。特にアクティバは、スズキ<7269.T>の人気車種となった軽SUV「ハスラー」への対抗モデルと位置づけており、攻勢をかける構え。

アクティバとスタイルの2モデルの価格は122万0400円から164万7000円。スポーツの価格については10月末の発売時に公表するとして含んでいない。燃費はガソリン1リットル当たり25―30キロ。(引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150909-00000067-reut-bus_all)


販売台数を計画通りに進めて行きたいという想いが綴られているのですが、正直なかなか難しいと思います。新車価格自体がどんどん高くなっていますし、一昔前のように定期的に車を買う時代でもないというのが私の考えですね。

その分、どうしても売らないといけないのが新車ディーラー事情になりますので、新車値引きは逆行して多くなる傾向にあると思っています。

値引きもやらない、なんて言ったら余計に売れなくなりますからね。2017年に10%の消費税になる前に新車は購入しておいた方が良いと思いますよ。

2017年移行はもうどうなるかわかりませんね、新車業界も。

新車値引きに関する情報サイトのご紹介。

車を高く査定してもらう為にはこれを抑えよう!

車1車を査定してもらう時に、少しでも高く買い取ってもらうためへの心構えと必要な事をまとめてみましょう。

・内装はキレイに掃除をする

・外観もきれいに掃除をする

・スペアキーなどが残っていればまとめておく

・整備手帳やメンテナンス情報がわかるものがあればまとめておく

まず最低限、このような事は査定をしてもらう為に行なうのが良いと思います。

やはり査定員の人も人間ですので、汚い車よりもキレイな車の方が査定額もアップするものです。

 

あと車の買取査定で重要な事は、「ペット」を乗せていたかどうか?という事です。

実はこれがかなり査定額に響く事になるのですが、もし可能なら動物の毛などの痕跡を少しでも消せるなら頑張ってでも掃除をしたいところです。

これは査定員にもよりますが「見落とし」をする事も十分にあるためです。

動物の痕跡の有無で車の買取査定額は軽く数十万円は変わってしまいます。

中には専用の掃除屋がいるぐらいですので、それぐらい動物の有無は重要な要素になってくるのです。

 

車2専門業者にまで頼むかどうかはわかりませんが、コロコロなどを使って少なくても細かい部分の毛などを処理する事をお勧めします。

あとは臭いですね。これもファブリーズなどを使って出来る限り消す事を行ってみましょう。なかなか臭いは消えませんが、やるのとやらないのではかなり車の買取査定額が違ってきます。

最初に記載した事はよく言われる事ですが、ペットの有無に関してはそこまで詳しく記載している情報もありません。

ペット好きの方には申し訳ないのですが、中古車の買取業界とはそういうところですので、少しでも高く車を買い取ってもらいたい方はご参考にして欲しいところですね。

新型シエンタってどうよ?

2015年にはトヨタからシエンタがフルモデルチェンジを行いましたね。注目度が半端ない!と評判となっています。私はトヨタディーラーにたくさんの友人がいるのですが、土日になると新型シエンタを見に来る方で盛り上がっているそうです。

ただ2015年9月時点で納期が2016年2月…となっているみたいですね。ハイブリッドよりもガソリン車の方が納期がかかるようです。

たぶん毎回恒例のようですが、そのうち納期は早くなるんでしょうね。このシエンタは何がそんなに人気なのでしょうか?

そこでネットから新型シエンタの評価についての情報を見つけましたので共有していきましょう。


  • 試乗車:
    シエンタ?ハイブリッドG?7人乗り
    1496cc 74ps(+61ps)/11.3kgm(+17.2kgm):()内はモーター、必ずしも合計値とはならない試乗コース:
    藤沢市内の一般道、あまり急ではない上り坂を含むガソリン車はすでにレポートしてますが、ハイブリッド版の確認。
    前回と同様、妻の実家がホンダのフリードに乗っているため、それとの比較を交えながらになります。
    一部、同じ内容が重複しますが、重複部分を別に読まないとわからないのではレポートにならないので。

    (1)?自然な加速感
    ガソリン車はレポにも書きましたが、走行性能にはいささか不満の残るものでした。
    その点の解消を期待してハイブリッドにも試乗したわけですが、結果としては及第点のレベルでした。
    特に発進時の自然な加速感は走らせていてとても疲労が少なく感じられ、都市部の移動にはやはりハイブリッドが向いていると改めて思わされます。

    (2)?やはり街乗り(チョイ乗り)燃費は凄い
    試乗車は走行距離が200km程度。その全てが10km未満の試乗によるものとのこと。それで平均燃費が25.2km/Lは凄みさえ感じる数字。いわゆるダウンサイジングターボでは達成不可能かと。

    (3)?スペック以上にコンパクトに感じる
    ミニバンに近い視点のフリードと比べ、ヴィッツやラウムに非常に近い乗車感覚を持っているため、今まで軽自動車やコンパクトしか乗ったことが無い人でも違和感なく乗り替えられそうです。

    (4)?キレイなカラーリング
    今回の試乗車は渋みのかった”レッドマイカメタリック”です。このデザインにはもっと派手な色が似合いそうですが、実車は案外悪くない感じでした。造形デザインと色の選択が良くかみ合っていると思います。

    (5)?このサイズで7人乗れること
    改めて3列それぞれの居住性を確認すると、派手な外観とは裏腹に実に理詰めなパッケージングがなされていることがわかります。身長174cmの私がごく自然なドライビングポジション(私は立ち気味なのでシートポジションは前寄りですが)を取り、同じく普通に2列目に座った状態で3列目へのアクセスと座った感じを試しました。まずアクセスですが、車体との比率で巨大とさえいえる後部スライドドアと2列目を跳ね上げる構造のおかげで、特に窮屈な思いをせずに済みます。そして実際に座っても、頭上はギリギリながら足元、特に膝の角度と座面クッションの普通さは「普通」ではなく特筆すべき点だと思います。

    (6)?足回りはガソリン版より良好
    主に重量増によるものかと思いますが、接地感は明らかにガソリン版よりも良かったです。(引用:http://cs.autoc-one.jp/report/contents/10021)


    このような評価がありました。シエンタハイブリッドの評価になるのですが、やはり5ナンバーサイズでいざと言う時に7人乗れるのが日本人が好む理由なんでしょうね。これからも新型車が出ましたら更新をしていきたいと思います。

新車販売台数の危機的減少

ヤフーニュースでこんな記事を見つけました。神奈川県のトヨタがまとめた情報のようですが、2月連続新車販売台数が落ち込んでいる、といった内容です。本当に売れなくなっているようですね。


神奈川トヨタ自動車がまとめた8月の県内新車販売台数は前年同月比3・5%減の1万8934台となり、2カ月連続で前年を下回った。登録車(排気量660cc超)が2カ月連続、軽自動車は8カ月連続で前年割れとなった。軽自動車の減少幅が2カ月連続で2桁となり、全体の足を引っ張った。

登録車は、ほぼ横ばいの0・6%減で1万4272台。このうち乗用車は10・4%減の6841台となり、3カ月連続で前年を下回った。一方、RV車は11・3%増の5419台で5カ月連続の前年超え。商用車・トラックは9・3%増の1967台となり、3カ月連続で前年を上回った。

中でも、ミニバンが20・2%増の1234台となり5カ月連続で、キャブワゴンが15・7%増の2306台となり6カ月連続で、スポーツタイプ多目的車(SUV)が5・4%増の1605台となり2カ月連続で、それぞれ前年を上回って好調を維持した。特にミニバンではトヨタの新型シエンタ、SUVではハイブリッドを含む日産自動車の新型エクストレイルが伸長した。

一方、軽自動車は11・5%減の4662台。2013年中ごろ以降の好調さに一服感が出て、今年4月からの軽自動車税の税率引き上げも一因になっているとみられる。市場全体に占める軽比率は2・2ポイント下がり、24・6%だった。(引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150908-00003623-kana-l14)


軽自動車も落ち込んでいるようですね。ただその中でもミニバン、SUVは増えているようですので売れている車と売れていない車の差がはっきりしてきているという事にもなるのでしょう。